歯周病治療

ここでは、歯周病の治療についてご紹介していきます。歯周病は歯科で行う治療も必要ですが、毎日のセルフケア(歯磨き)がとても大切です。歯医者さんで指導される歯磨き法をしっかり実践しましょう。

歯周病の基本的な治療

  • プラークコントロール
    プラークコントロールとは、歯周病の原因となるプラーク(歯垢、つまり歯周病菌)の増殖を抑えることをいいます。歯周病治療は、このプラークコントロールが90%を占めるほど重要です。
  • スケーリング
    スケーラーと呼ばれる先端に刃のついた専門器具を使って、歯茎の上部や歯周ポケットの浅い部分にたまった歯垢&歯石を取り除きます。痛みの出にくい超音波スケーラーを用いる歯科も増えてきたようです。
  • ルートプレーニング
    歯周ポケットの深いところに隠れている歯石やプラークを特殊な器具を使って取り除きます。歯の根元の表面がツルツルとなめらかになり、歯垢がつきにくくなる効果もあります。歯茎も引き締まるので歯周ポケット内に細菌が入りにくくなります。

進行度別(初期・中期・重度)の治療の違い

初期の歯周病の治療

歯周ポケットの深さが4ミリ以内なら、歯周病初期。この段階では自覚症状はなく、歯周病の専門医院でないと見落とすことが多いそうです。

治療内容 プラークコントロール・歯石や根元の清掃・再検査
治療期間 約2か月
治療費用 1回2,000円程度(3割負担)

中期の歯周病の治療

歯周ポケットの深さが5~7ミリなら中期の歯周病。中期の歯周病でもしっかり治療すれば歯を残すことが可能です。

治療内容 プラークコントロール・根元の汚れや歯石の除去
必要なら外科手術・再度検査
治療期間 3か月~1年程度
治療費用 1回2,000円程度、外科手術の場合は1部位3,000円程度(3割負担)

重度の歯周病の治療

歯周ポケットの深さが8ミリ以上なら、重度の歯周病と診断されます。歯茎が赤く腫れたり、歯槽骨が壊されて歯がぐらつくなどの症状があります。

治療内容 プラークコントロール・歯石除去や根元の清掃。
場合によっては抜歯・歯周外科手術。
歯並びが原因なら矯正治療・再度検査。
治療期間 1年程度、またはそれ以上
治療費用 1回2,000円程度、外科手術1か所3,000円(3割負担)。
自費診療の場合は10万円以上かかることも。

歯周病の手術とは

  • フラップ手術
    5ミリ以上の深い歯周ポケットがあり、歯石やプラークを完全に除去できない場合に適応になります。局所麻酔の後、メスで歯茎を切開して歯肉を歯槽骨から剥がします。歯肉と歯の間にたまった歯石などをきれいに除去し、歯茎を元の位置に戻し、縫合して完了です。
  • 歯周組織再生療法
    重度の歯周病で歯槽骨が破壊されてしまった場合に行う外科治療。歯と歯肉を剥がし、歯石やプラークを取り除き、縫合前に「エムドゲイン(開発歯周組織再生誘導剤)」というたんぱく質の一種を塗布します。エムドゲインは、国内で認可が下りている安全性の高い薬品です。

エムドゲインは保険適用外なので、1回の処置につき150,000~200,000円程度が目安です。