歯列矯正

ここでは、歯列矯正の方法・種類、費用目安や期間など、治療前に知っておきたい情報をまとめました。

歯列矯正のメリット

  • 歯並びが整って見た目が良くなる
  • 虫歯や歯周病の予防につながる
  • 顎関節症の予防につながる

治療期間と費用の平均相場について

使用する矯正装置によって異なりますが、60~120万円程度が目安です。この他、毎月の処置料が5,000円程度かかります。治療にかかる期間は2年半~3年程度(保定期間を含む)と考えておきましょう。

表側矯正 60~80万円程度
裏側矯正 100~120万円程度
マウスピース矯正 80万円程度

歯列矯正の治療方法や装置の種類

昔ながらの方法:ワイヤーとブラケットを使う歯列矯正

最も一般的な歯列矯正は、ワイヤーと歯に装着するブラケットという器具を用いて歯を一本ずつ動かしていく方法です。

ブラケットには、安価で丈夫な金属製のもののほか、白や透明の目立たない素材で作られたものもあります。審美性には優れていますが、金属製のブラケットに比べると強度が少し弱くなることと、金額もやや高くなります。

表側矯正 ブラケットとワイヤーを使用。費用は一番安く、様々な症状の不正咬合に適応できるスタンダードな矯正方法。
裏側矯正 歯の裏側に装着するので、周囲から気づかれにくいのがメリット。特殊な装置なので治療は歯科医師の経験が必要。
ハーフリンガル矯正 上の歯は表側・下の歯は裏側に装置を装着する方法。装置が見えにくく、費用もリンガル矯正より抑えることが可能。
セルフライゲーション
ブラケット矯正
従来の装置よりもワイヤーとブラケットの摩擦力を軽減させた装置。痛みが少なく短期間で行えるのがメリット。

ゆるやかに固定されるので痛みが少ないのが特徴。効率的に歯を動かすことができるので通院回数が少なく済む。

近年人気の新しい方法:マウスピースタイプの装置を使う歯列矯正

従来のワイヤー・ブラケットを使わない新しい矯正方法がマウスピース矯正です。一定期間ごとにマウスピースを作り直し、徐々に歯を動かしていきます。マウスピースは厚さ1ミリ以下と薄く透明で目立たないため、周囲の人に矯正しているのがバレにくく、治療中の見た目が気になる(装置が目立つのが嫌)という方に人気が高い方法です。金属装置を口に入れる不快感や違和感が少ないのもポイントです。

ただし、治療できる症例はワイヤーを使う矯正よりも限定されているようです。また、取り外しが自由にできる点もメリットですが、1日の装着時間をきちんと守らないと思うような治療結果を得られないことがあります。

マウスピース矯正 透明で目立たないマウスピース型装置を使う矯正。飲食時に取り外しができ、口内の不快感も少ない。抜歯が必要なものや複雑な歯のコントロールには不向きとされる。

番外:短期間で歯並びを綺麗にする方法

通常の矯正とは異なる方法ですが、前歯のわずかな乱れなどにはセラミック法という方法もあります。セラミック法は、歯を削って被せ物をすることで歯並びを整える方法です。全体的に歯並びを整えるのではなく、部分的に整えたい箇所がある場合はこの方法も良いでしょう。セラミック矯正なら数か月以内で治療が完了するのも魅力です。