インプラント

ここでは、インプラント治療について簡単にまとめてみました。虫歯や事故などで歯を失ってしまった場合、ブリッジや入れ歯以外にも「第二の永久歯」といわれるインプラント治療という選択肢もあるのです。

インプラントの種類について

歯科でいうインプラントは、あごの骨に埋め込む「インプラント(人口歯根)」・「人口歯」・インプラントと人口歯を連結させる「アバットメント」の3つの部品を組み合わせたものです。骨に埋め込むインプラントには、下記の二つの種類があります。

2ピースタイプ

インプラントとアバットメントをネジで連結するタイプで、装着する部品が2つあるのが特徴です。一回法と二回法、どちらの手術にも対応できます。

メリット

  • ほとんど全てのケースに適用可能。
  • 数種類の中からアバットメントを選択できる。
  • インプラントと骨の結合部分のダメージを避けられる可能性が高い。

デメリット

  • 二回法で行う場合、患者さんの体にかかる負担が大きい。
  • 部品が多いので1ピースよりも費用が高く、治療時間も長くなる。
  • 場合によって、インプラントと連結させているネジが緩むことがある。

1ピースタイプ

あらかじめインプラントとアバットメントが一体化しているタイプのものです。一回法に用いられています。

メリット

  • 患者さんの体にかかる負担が少ない。
  • 部品が少ないので費用が抑えられ、治療時間も短く済む。
  • ネジが緩む心配がなく、強度に優れる。

デメリット

  • 顎の骨の厚みが十分ある場合のみ使用できる。
  • インプラントを埋め入れる方向で、人口歯の形態がある程度決まってしまう。
  • 場合によってインプラントごと撤去しなければならない可能性がある。

インプラント手術の方法

一回法

外科手術を一回だけ行う方法です。骨が硬くてしっかりした状態であることが前提。仮歯まで当日つけてしまう方法もあります。

二回法

歯肉の切開手術を2回行う方法です。1回目の手術では、歯肉を切開→ドリルであごの骨に穴をあけ、2ピース型のインプラントを埋め込み、歯茎を完全に閉じる→2~6か月ほど置いて骨と結合させる→2回目の切開→インプラントの頭を出し、アバットメントを装着。その後、人口歯を装着。

感染症にかかるリスクも減らせるため、多くの歯科では二回法を採用しているようです。

インプラントの平均相場

自由診療のため医院によって差が大きいですが、1本あたり30万円~50万円程度が目安です(検査・診断料なども含めて)。1本9万円~というような格安インプラントは、数年後に不具合が出たりトラブルが多いので注意しましょう。

インプラントの治療期間

骨の状態等にもよりますが、一般的にはトータルで3か月~10か月ほどかかるとされています。